広重II:枕橋の夜雨(枕橋夜)

Utagawa Hiroshige II

  • Sold.

アーティスト: 歌川広重II
題名: 枕橋の夜雨枕橋やうu)
シリーズ: 隅田川八景隅田川八景)
日付: 11/1861

ここ左端の隅田川に流れ込む源心川河口には向島への入口。ここには、小梅と河原町を結ぶ玄信川に架かる2つの橋があります。これらの橋は枕枕のように見えたため、枕橋と呼ばれていました。橋のそばには、かつて小倉龍尊が描いたお茶屋向島八百松楼がありました。小倉が赤く書かれた提灯と傘の漢字蔵ぐらが乗った美女。彼女は麦わら岬で男を追い越します。traw cape.

状態: 非常に良い印象、色、状態。
外形寸法: 禁止
出版社: 平野屋新三
文献: 1991年ホノルル芸術アカデミーのジェームス・A・ミチェナー・コレクションの歌川広重の版画。p.145、ill。 VIII-2-14
密閉する: 検閲:改;雄鶏の年の11月186161)
署名: 広重が

SKU: HII011


Language
English
Open drop down