Kuniyoshi: Preparatory drawing for 2 chuban giga-e of catfish. Crab blacksmith, top.

国芳:ナマズのチュバンギガエ2枚の準備図。カニの鍛冶屋、トップ。 (販売済み)

Utagawa Kuniyoshi

  • Sold.

アーティスト: 歌川国芳
題名: ナマズの中二ギガ絵の準備図。カニの鍛冶屋、上。
シリーズ: どけなずずくしシリーズナマズの風刺画シリーズh)
日付: 1855年頃

中型ナマズの楽しいプリント2枚の準備図。上では、蟹の鍛冶屋が剣を叩き、三条の小蟹「三条の小蟹」と名付けました。刀職人の服を着たカニが神道の祭壇の前で刀身を叩いている。神道の衣装を着たナマズも次々と槌を打っています。神道の祭壇には、壁に掛けられた神縄の縄、そして高いトレイの上に神聖な白い紙を使ったおみきとっくりが入っています。刃作りは神聖な行為であると考えられています。国芳は、京都の三条地方の有名な刀匠三条光加路/宗近の名前で演奏します。彼の刀はkymono-monoと呼ばれています。国芳は、はさみのような爪で有名な蟹をカッティングに使用しています。シリーズタイトルとデザインタイトルにちょっとした修正が入ったペンティメンティがあります。この中世のユーモラスなプリントのシリーズは出版されませんでしたが、その過程で出版社の印鑑が貼られました。以下は、同じシリーズのナマズの版画を対象とした近江地方の近江のおかねおかねです。署名:一狂二国吉狂言狂我クレイジーな絵を意味します。強い田舎娘のオカネがナマズをパニックに陥った馬のリードロープに足を乗せて落ち着かせる、有名な強女シーンの風刺画。パックハウスの運転手、マゴは地面に滑り落ちます。国芳はこの馬をひょうたん、ひょうたんのさまざまな形から作ります。日本語では、「ひょうたんなまず」または「なまづにひょうたん」という表現があり、捉えどころのない、非確固なまたは漠然とした態度または発言を意味します。彼はここで言葉遊びを楽しんでいます。出版社の喜屋宗次郎の印章で、社名「興北道」。彼は1855年に国芳のシリーズを発表した。niyoshi in 1855.

状態: 非常に良い状態。安定したバッキングシートに貼り付けます。
出版社: きやそうじろう
署名: 一与斎国芳経賀

SKU: DRW457


Language
English
Open drop down