国芳:張交絵(販売)

Utagawa Kuniyoshi

  • Sold.

アーティスト: 歌川国芳
題名: はりまぜ絵
日付: 1840年代

妖怪はりまぜプリントの絵。これは、国芳が彼のアイデアをレイアウトし、全体的なデザインの感覚をつかむための非常に予備的なスケッチであるため、予備的な図面のまれな例です。多くの物語は魔法の猫に関連しているようです。上記は、2つの尾を持つ猫のような生き物で、おそらくネコマタは、2つの尾を持つバケネコモンスター猫です。同様の生き物は、海賊八剣士シリーズの国芳印刷で見られるかもしれません。猫の怪物から時計回りに細いカルトゥーシュが立っている姿と、猫が後ろ足で踊っているように見えます。隅には女性の幽霊がおり、足元に猫のように見え、わらの屋根の近くにひょうたんのひものひもが付いています。右下は、座っている鬼のデーモンのように見え、うっすらとした姿に身振りで示しています。その隣には、中国の王女が2人の出席者が基準を保持して波に乗った丸いカルトゥーシュがあります。これは浦島太郎の話の竜王の娘乙姫だろう。左に続いているのは、彼女の手を高く上げている若い女性で、右手で何か丸められています。左は女性が紡ぐ糸で、猫が踊っています。糸を紡いでいるおばあさんとおばけ猫が絡む、歌舞伎「五十三の駅を旅する一人旅」の岡部駅でしょう。東海道のテキストと物語、84ページ、22番を参照してください。上記では、ランタンの上部から幽霊が座っている猫や恐竜と一緒に出ている可能性があります。これは、おそらくアーティストの最初期のレイアウトコンセプトを示しており、彼のアイデアを初めて紙に概説するので、非常に興味深いドローイングです。来歴:Javalコレクション、ヨーロッパのコレクター。ジャヴァルはこれを、ゴッホに日本の版画のコレクションを提供したディーラーのビングから購入した可能性があります。このデザインはおそらく公開されていません。ublished.

状態: 重い紙にバックアップ。
外形寸法: 20.1 x 39.2 cm

SKU: DRW448


Language
English
Open drop down