渡辺6mm丸印と清水久雄へのオマージュ(1953-2020)について

6mm対7mmの丸い渡辺シールの誤解に光を当てる

清水久雄(1953-2020)、太田市民俗博物館元学芸員、新版画専門家*

 

渡辺の丸印の意味

現在の渡辺庄三郎の創業者である渡辺庄三郎は、1909年(明治42)に創業し、当初から売り出し中の作品に丸印を刻みました。渡辺庄三郎自身が丸印を説明し、アーティスト、彫刻家、印刷業者の協力により理想的な美的プリントが生まれるとき、そのスタイルのマネージャー兼フォーミュレーターとしての役割を果たしていると感じました。印刷物の私のシール、そして;これは出版社の責任であるため、私は各版画を個別に調べ、自信を持って印鑑に感銘を与えました。さらに、アザラシのデザインについて、渡辺庄三郎氏は、これまで私の会社が作成した版画は海外でも高く評価されており、由緒ある木版画の伝統を受け継いでいる私たちの主な目的は、愛好家に感謝するために私たちが作成する高品質のプリント。世界一流の木版画を制作するために、昼夜を問わず絶え間なく努力しているという意味で、私の印章にはその名があります。name わたなべ白と黒のかな音声学で書かれています---昼と夜の両方を示します。つまり、丸い形は地球を表しており、白が昼、黒が夜であり、渡辺の木版画が昼夜を問わず途切れることなく進んでいることを表しており、この意味からデザインと呼ばれています。昼と夜のシールとして。l”.

渡辺大印章から小印章への移行

最初の渡辺丸印は直径約1cmの大判で、これまでに約4種類が記録されており、すべて黒色です。この大判渡辺丸印は、1909年から1916年まで使用されていました(大正5)。印鑑の年代測定に使用できる版画の一例として、1916年の名取春仙の版画「中村鴈次郎I」が大印章の最後の登場とされています。これに対して、1915年には、オーストリアの芸術家フリッツ・カペラリ(1884-1950)の作品に、直径6〜7mmの小さなフォーマットの渡辺丸型シールが使用され始めました。そのため、1915年から1916年の間、大小両方の渡辺丸型シールが使用されていました。しかし、かつて渡辺庄三郎の理想的な木版画は、新時代に向けて( (新版画 =新しい木版画)が独自に登場し、大判の丸いシール---おそらくそれが不快に大きくて気が散る---使用されなくなりました。したがって、大形の渡辺丸印が刻印された作品は、1909年から1916年の間に制作されたものと識別できます。対照的に、小形の渡辺丸印の使用は、今日まで、 S.渡辺カラープリントカンパニー。小型シールは黒色と赤色で刻印されています。また、ザクロの木(夜)の1915年のカペラリ作品の白鳥の場合のように、シールが個別に印象付けられるのではなく、実際に木版に刻まれている場合があります。k.

小さなフォーマットの渡辺丸印は、さまざまな直径で発生するだけでなく、わたなべのかな文字と変化を示す丸い形でも発生します。この事実は、渡辺正一郎が書いた、印章がすり減り始めたとき、同じ印章を再び彫ったが、新しく彫ったときは、おそらくサイズに関する詳細な指示がなく、何も与えられなかったという声明と一致しています。したがって、小型の渡辺丸印を使用したことに基づいて印刷の日付を判断することはできません。 used.

著作権シールと渡辺丸シール

1925年(大正14)から第二次世界大戦まで、版画の余白に著作権印鑑[著作権情報が書かれた細長い長円形の印鑑]が刻印されていましたが、そのような版画では、渡辺丸印も刻印されているので、渡辺丸印を使用する代わりに、著作権印を使用して出版社の責任を表明したものと理解しております。

戦後、[長方形]の著作権シールは使用されなくなり、再び渡辺丸シールが版画に刻印されています。このことから、もともと戦前に作成されたものであっても、[長方形]の著作権印がなく、渡辺丸印が刻印されていれば、明らかに戦後の復刻版です。

渡辺丸印のプリントへの配置

渡辺丸印の印象は、ほとんどの場合、写真の印刷領域内、左右どちらかの下端の一箇所に見られますが、印刷の内容によっては、下に配置されていない場合があります。印刷の。たとえば、作品を印刷して渡辺庄三郎に提出して検査を行うと、作品に印鑑を押して、売りに出せる品質を認めていることを示していましたが、そのときは、プリントの右下にあるシールは、結果のプリントを検査する途中で、休憩をとることがあり、その後、プリントの左下にプリントを続けます。したがって、シールの位置だけでは、最初の印刷と後の印刷を区別することはできません。

Shimizu at Ota City Folk Museum 2016

 ※新版画の専門知識が深く、奨学金の英訳が少ないため、清水さんに欧米の収集家向けの簡単なエッセイを書いてもらいました。 6mmと7mmの渡辺シールに関しては、西に誤ったカノンが存在することに気づきました。多くの蓮井や新版画に見られる丸い渡辺印章の1mmの違いを西洋人がいつ重視したのかはわかりません。これは、日本人がどのようにハンコ(印章)を作り、雇用したかについての誤解によるものです。印章は、専門のハンコメーカーが手作業で彫ったもので、一定の印象で磨耗していました。その後、渡辺はさらに注文することになり、1mmの違いは誰の心にも注意を払う必要はありませんでした。渡辺庄三郎は、個々の版画の販売を承認したときに、おそらく彼の側に複数の丸い印章を持っていたので、これらの印章には当然バリエーションがあります。このエッセイはEgenolfGalleryのために特別に書かれ、EdgarCookeによって翻訳されました。e.

---ベロニカミラー

MRへのトリビュート。 SHIMIZU PUBLISHED IN IMPRESSIONS(2021)、日本美術協会の年次ジャーナル。

訪問 www.japaneseartsoc.org この受賞歴のあるジャーナルのコピーを注文します。このディーラーはまた、日本のアートに焦点を当てた素晴らしいプログラミングのスレートのためにJASAに参加することをお勧めします。

Language
English
Open drop down