渡辺丸印について

6mm対7mm丸型渡辺シールの誤解

太田市郷土資料館の元学芸員であり、世界で有名な新漢画の専門家である清水久雄氏による*

 

ワタナベス丸印の意味l

現在のS.ワタナベカラープリント株式会社の創設者、ワタナベショウザブロは、1909年の明治42年に会社を設立し、当初から、販売されている作品に彼のラウンドシールを印象づけました。渡辺翔三郎氏は、丸印を説明し、アーティスト、彫刻家、プリンターの共同作業によって理想的な美的プリントが作成されたとき、マネージャーとして、またスタイルの策定者として、私は印象づけるべきだと感じました印刷物への私のシール、および;これは出版社の責任を表すものであるため、各プリントを個別に検査し、自信を持って私の印鑑を印象づけました。また、印鑑のデザインについて、渡辺章三郎氏は、これまで自社で制作した版画は海外でも高く評価されており、由緒ある木版画の伝統を受け継ぎ、高品質を提供することを主な目的としています。鑑定家に感謝するために作成したプリント。世界に通用する木版画を作るために日夜努力を重ねているという意味で、私の印鑑はhe name わたなべ白と黒のカナ音声で書かれている---昼と夜の両方を示す。つまり、丸い形は地球を表しており、昼は白、夜は黒で、ワタナベスの木版画が昼夜を問わず途切れることなく進んでいることを示しており、この意味でデザインからも昼と夜のシールとして。eal”.


大型から小型の渡辺丸シールへの移行

最初の渡辺丸シールは直径約1cmの大判で、これまでに約4種類が確認されており、すべて黒色です。この大判の渡辺丸印は、1909年から1916年まで大正5日に使用されました。印鑑の日付に使用できる印刷の例として、1916年の神谷二兵衛としての名取春仙印刷の中村群次郎Iは、最後に大きな印であると見なされます外観。これに対して、1915年、オーストリアのアーティスト、フリッツ・カペラリ(1884〜1950)の作品には、直径6〜7mmの渡辺丸シールのより小さなフォーマットが使用され始めました。したがって、1915年から1916年の間に、大判および小判の両方の渡辺丸型シールが使用されていました。しかし、渡辺翔三郎がかつての時代に理想的な版画の美的フォルムは new age (ハンガシン = 新しい木版画が登場し、大きなサイズの丸いシールが使用されなくなりました。したがって、大判の渡辺丸印が刻印された作品は、1909年から1916年の間に制作されたものであると識別できます。これに対して、小形渡辺丸印の使用は、今日まで、今日まで印刷物に貼られ続けています。 S. Watanabe Color Print Company。小判シールは黒色と赤色で刻印されています。また、ザクロの木の夜の1915年のカペラリの作品「白鳥」の場合のように、シールが個別に刻印されていなくても、実際に木版に刻まれている場合があります。lock.

小さいサイズの渡辺丸シールは、さまざまな直径で発生するだけでなく、わたなべの仮名文字やバリエーションを示す丸い形でも発生します。この事実は、ワタナベショーイチロウが書いた声明と一致します。シールが磨耗し始めると、同じシールが再度刻まれますが、新しく刻まれたときは、サイズに関する詳細な指示がないため、何も記載されていません。そのため、渡辺の小判の丸印を使用したかどうかで日付を判断することはできません。s used.


著作権シールと渡辺ラウンドシール

1925年の大正14年から第二次世界大戦中まで、版画の余白に著作権情報が書かれた細長い縦長の様々な印鑑が刻印されていたが、渡辺の丸印がまた、渡辺の丸印を使用する代わりに、著作権印が発行者の責任を表明するために使用されたことが理解されています。eal.

戦後、横長の著作権シールは使われなくなり、また、渡辺の丸いシールが版画に刻印されていることがわかります。このことから、もともと戦前に作成されたものであっても、横長の著作権シールがなく、渡辺の丸印が刻印されていれば、戦後の復刻版であることは明らかです。int.

渡辺丸印のプリントへの配置

渡辺丸印の印象は、ほとんどの場合、写真の印刷範囲内、左右どちらかの下端の1か所に見られますが、印刷物の画像内容によっては、下に配置されない場合がありますプリントの。たとえば、作品が印刷されて検査のために渡辺章三郎に提出されたとき、彼はその作品にシールを押し付けて、売りに出すのに許容できる品質であるという認識を示しましたが、そのとき、たとえ彼が印刷の右下のシール、結果の印刷の検査の途中で、彼は休憩を取り、その後印刷の左下に印刷を続行します。そのため、シールの位置だけでは、初回の印刷と後の印刷を区別することはできません。.


 *私は清水さんに西洋の収集家向けに短いエッセイを書くように依頼しました。彼の新漢画に関する専門知識は非常に深く、彼の奨学金の英訳は非常に少ないためです。 6mmと7mmの渡辺アザラシでは、西に誤ったカノンが存在することに気付きました。西洋人が、多くの蓮井と新漢画の版画に見られる円形の渡辺シールの1mmの違いを重要視した時期はわかりません。これは、判子印が日本人によってどのように作られ、採用されたかについての誤解によるものです。アザラシは、ハンコの専門メーカーが手作業で刻んだもので、一定の印象をうけてすり減ります。それから渡辺はもっと注文し、1mmの違いは誰にも気にかけられなかった。渡辺正三郎は、個々のプリントを承認して販売したときに、おそらく側に複数の丸いシールを持っていたため、これらのシールには当然バリエーションがあります。このエッセイは、Egenolf Galleryのために特別に書かれ、Edgar Cookeによって翻訳されました。Cooke.

---ベロニカ・ミラー

Language
English
Open drop down