入れ墨

日本の大規模で精巧な入れ墨のスポーツの伝統は、江戸時代の1700年代後半に始まったと言われています。おそらく盗賊が最初にそれらを着用し、1820年代後半に出版された国芳のベストセラーの水光伝ウォーターマージンシリーズの成功により、その伝統はさらに強固なものになりました。入れ墨は、消防士や欄干の持ち主だけでなく、労働者階級の他の人々にも好まれていました。国芳、よしとし、国一国、国貞は、すべて日本の入れ墨、入れ墨を特徴とする多くのデザインを作成しました。i.

Language
English
Open drop down