利三:グラントウォッチングトレーニング展米国大統領の三連祭壇画の描画

Toshimitsu

  • $1,950.00
配送料は購入手続き時に計算されます。


アーティスト: 小林利充(アクティブ1877-1904)
タイトル: 次のトリプティクの準備図:元米国大統領、グラント氏、上野公園でのランストレーニング展を見ています(上野公園での槍術展
サイズ: 約35.5 x 53 cm
日にち: 1879年

次の三連祭壇画の元の準備図。元アメリカ合衆国大統領、グラント氏、上野公園での槍訓練展を見ている(上野恩年においていくくさきの内焼)これは間違いなく準備図ですが、以下は次のとおりです。最も関連性があります。左の軍隊と、アーティストが三連祭壇画の構図で自分自身を方向付けるのを助けるために描いた直線の両方に、赤い下絵が見えます。 4つの場所にもペンティメンティがあります。 1つは女性の1人の袖にあり、もう1つは2番目の外国人男性の腰にあります。大きな説明用のカルトゥーシュも、最終的な印刷物とは異なる右側のパネルの位置に配置されています。名前のカータッチは、おそらく書記官によって後で記入されるため、ここではすべて空です。訪問している高官の顔に細心の注意が払われていたので、スタイルの違いも興味深いです、そして訓練する男性は、図面のこの時点で単にスケッチされた、活動のぼやけのようなものです。g. 

このような準備図は、芸術家のプロセスと木版画の作成プロセスの両方への窓として魅力的です。完成した木版画に一致する真の準備図を見つけることは非常にまれです。

これは、MFAボストンのWebサイトに表示されている印刷の完成に関する情報です。

「日本は1630年代から1850年代にかけて外界から大きく孤立していたため、明治時代の印刷物購入者にとって、外国の高官の公式訪問は非常に興味深いものでした。皇室、外国人客、そして彼らを楽しませた日本の政治家は、しばしば写真に基づいて、より現実的な描画スタイルで描かれます。皇室以外の権威者は通常、名前で識別されます。ユリシーズ・グラント元米国大統領の訪日。”

調子: 薄い画用紙は、より重い裏紙に敷かれています。多少の損失はありますが、これらのユニークな作品は現状のまま受け入れる必要があります。

SKU: TSM002