小畑:ビッグクリークの墨絵(SOLD)

Chiura Obata

  • Sold.

アーティスト: 小畑千浦(1885-1975)
題名: ビッグ クリーク
日にち: 日付なし。約。 1930年代~40年代

流れる小川の 2 つのビューの墨の習作。鉛筆でビッグクリークは右下に書かれています。これは、ビッグ サーにあるカリフォルニア大学自然保護区システムの一部であるランデルス ヒル ビッグ クリーク保護区である可能性があります。上部には大きなシダと質感のある岩があり、その周りを水が穏やかに流れています。下のスケッチは、流れが混ざり合った小川の景色か、おそらく保護区にも含まれている海の海岸のいずれかを示しています。彼がわずか数回のストロークでフォームの本質をどのように捉えているかがわかります。各オブジェクトには、まったく異なるタイプのストロークが必要です。 20世紀の小畑のラインの節約とブラシの習得は、実質的に比類のないものです。アメリカの芸術。彼はカリフォルニアのアーティストの世代に影響を与え、彼自身の数で 10,000 人以上の学生を教えました。カリフォルニア大学バークレー校は、第二次世界大戦中に小畑とその家族がユタ州に収容されていた間、彼の絵とスケッチをすべて保存しました。来歴:小畑千浦の地所。アーティストの財産からの真正証明書付き。t.

小畑さんの墨絵の修行は、7 歳のときに日本で始まりました。彼は、墨絵の練習に不可欠な 3 つの分野があると書いています。生徒が筆を紙に触れる前に、彼の心は穏やかで邪魔されていない湖の表面と同じくらい静かでなければなりません。 (小畑千浦:アメリカの現代人、71ページを参照。)) 

調子: 全体的に綺麗な状態で、角付近にピンホールあり。主に水彩処理によるしわがあります。小畑さんが日本から取り寄せた和紙を使用。右端に鉛筆書き消しあり。

寸法: 39.3×52.7cm cm
来歴: 来歴:小畑千浦の地所。アーティストの財産からの真正証明書が含まれています。
サイン: アーティストシール、左下、赤

SKU: OBA069