国芳:豊臣秀吉が寺院を破壊する原画

Utagawa Kuniyoshi

  • $4,900.00
配送料は購入手続き時に計算されます。


アーティスト: 歌川国芳(1798-1861)
タイトル: 豊乙女秀義の絵本雲木がお寺で大混乱を引き起こしたイラストの筆画
日にち: 1850年代頃

豊臣秀吉の搾取絵本絵本(絵本豊臣秀吉)のウッドブロックイラストの原画。これはパート1、ボリュームI、13ページと14ページからです。テキストは国芳のイラストを使用してRyusuiteTanekiyoによって書かれました。この第1巻は1857年に和泉屋市兵衛によって出版されました。若い秀吉は、破壊の武器として金属製のランプスタンドスタンドを使用し、ひどい結果でそれを振り回しているので、彼の顔に非常に決心した表情をした寺院のアコライトとして見ています。座った(阿弥陀如来)仏像の頭が切り落とされました-頭とテーブル  供物は空中で地面に向かって飛んでいるのが示されています。寺院の僧侶たちは自然に落胆し、恐怖を感じ、それぞれが異なる方法で反応します。左端のものは助けを求めているようです。真ん中の僧侶は、顔を覆っている間、自分の祈りの束を踏んでいるようです。右側では、僧侶が後ろに倒れ、若い男に立ち止まるように呼びかけているようです。完成した印刷物と比較すると、いくつかの変更があります。背景のパターンが変更され、一部の飛行オブジェクトの配置、秀吉の位置、武器の持ち方も変更されました。左端の仏典は省略され、吊り布に模様が追加されています。図面では、3つの異なる領域にペンティメンティがあります。秀吉の顔、蓮の花瓶、真ん中の僧侶の手に。国芳が持っているランプスタンドの左上の雲の中で、国芳がかなり正確な練習スケッチをしたところがわかります。完成した木版画の制作過程では、国芳の手によって直接行われた初期のデザインとなるでしょう。それから、このオリジナルをコピーすることによって、より洗練され、完成されたデザインが作成されたでしょう。最終的な図面は、彫刻家がキーブロックを作成するためにブロックに貼り付けられていたため、印刷を作成する過程で破棄されていました。この絵の出所は素晴らしいです。これは、1880年代に購入したディーラーBingを介して8枚のアルバムが含まれていると報告されているThomasStaufferコレクションからのものです。国芳の死後、アルバムにまとめられた国芳の絵がたくさんありました。これらのアルバムの最後のグループは、1992年にサザビーズで公開され、そのグループはEgenolf GalleryJapanesePrintsの創設者であるHerbertEgenolfによって購入されました。完成した絵本の例(パートI、第1巻)がこの作品に付随することに注意してください。 (ここでのウッドブロックの画像は説明のみを目的としており、パブリックドメインであり、含まれているウッドブロックの印刷物とは異なります。)

調子: 図面は、安定性のために薄い裏紙に取り付けられています。角に損失があり、裂け目が修復されています。このような独自のオリジナルの準備図面は、摩耗の兆候を示すことが多いため、現状のまま受け入れる必要があります。それらの大部分は失われました。国芳が筆を試していたところから、絵に迷いが出るのもよくあることでした。
寸法: 約20.8 x 29.1 cm

文学: この作品は未発表ですが、これらの本を強くお勧めします。
-M. Forrer、歌川国芳の作品-国立民族学ライデン美術館のコレクションから。ハーグ、1988年。
-B.W.ロビンソン、歌川国芳の素描-フェルドのコレクション。オランダ、ハーレンのリーフティンク。フローニンゲン、1953年。
-歌川国芳Fagioli:90 disegni; Firenze、1985年。
-国芳、ファジオリ-彼の絵への感謝。で:アンドンいいえ。 21; 1986年

ウッドブロック印刷画像クレジット:チェスタービーティライブラリhttps://viewer.cbl.ie/viewer/image/J_1657_1/20/

SKU: DRW485


Language
English
Open drop down