小浦千浦小圃千浦

小畑千浦(1885-1975)は、日本で生まれ、教育を受けた影響力のあるアメリカ人アーティストでした。小幡は1932年から1954年までバークレー校で教えました。この期間は第二次世界大戦中の彼の不当な抑留によってのみ破られました。 1930年、小幡と日本の出版社高見沢は、20世紀の木版印刷の遠地点を代表する画期的な取り組みである「世界景観シリーズ:アメリカ」を出版しました。シリーズの35枚のプリントはそれぞれ、120〜205枚の個別のハンドプリントが必要であり、1回のブラシストロークを複製するためだけに15〜20ブロックが必要なものもありました。 2020年にスミソニアンアメリカ美術館で終了した小幡の作品の5都市回顧展。

https://www.youtube.com/watch?v=7_IbPsRVhAA&feature=youtu.be

Language
English
Open drop down